ホーム>管理栄養士からのメッセージ

管理栄養士からのメッセージ

えごま

えごま

良質の油
α-リノレン酸
食物から摂取する必要がある
必須脂肪酸

アレルギー疾患の防止にも注目されている種類の油です!脳を活発にするとも言われています。

そんなα-リノレン酸を多く含むエゴマからできる
稀少なエゴマ油を手に入れました。
パウダーもセットでエゴマの栄養を丸ごといただきます♪

アスリートにも良質の油を選んで
摂り入れる癖をつけてほしいと思います!

水分補給するだけ

水分補給するだけ

こんにちは
管理栄養士の桑原裕子です。

暑かったり涼しすぎたり
体温調節が難しい季節ですね。
そんな体温調節には、水分補給がとても大切!

日中に精神を安定させる脳内物質
セロトニン
体内で合成するのにも水分が必要です。

セロトニンは朝ごはんのタンパク質が材料になって作られますが
水分も重要なのです!

アスリートは、トレーニング前後の水分補給だけでなく
普段の生活から細胞を潤して
いつでも体調を万全に整えておいてくださいね。


普段の小まめな水分補給が
最後の勝敗を決める集中力や判断力となるかもしれません‼︎

競泳 日本選手権2018

競泳 日本選手権2018

4月上旬に開催された

競泳日本選手権2018

サポートする選手の表彰台や

ベスト更新に感動してきました!!



今回は多くの選手が合間の栄養補給に

アバンドを飲んでいました。



合間の捕食についてもいろいろ準備をしてもらい

意識高く食べることを実践している選手たち。

身体のケアは食べることも重要です。



食事についてジュニアアスリートからの

個人カウンセリングのお申込みも増え

うれしく思う今日この頃でした♪

睡眠の質は朝食で整える!

睡眠の質は朝食で整える!

眠れなくてついスマホを手に取る

目が冴えてしまい余計眠れなくなる

睡眠不足でボーっとしながら出社する

こんな経験ありませんか?

眠りに重要な役割を持つ
メラトニン 自然な眠りを誘う
睡眠ホルモンとも呼ばれます

このホルモン、実は朝食に食べた物が影響するのです。
アミノ酸の中のトリプトファン
トリプトファンを摂取した15時間後くらいにメラトニンが分泌される
との報告もあります。

朝食にタンパク質を摂ることで
質のいい睡眠につながります♪

肉、魚、卵、大豆製品など
朝から主菜を摂ってくださいませ。


自分を知れば未来が分かる

自分を知れば未来が分かる

目指すのがスリムな身体でも
アスリートとしての身体でも

まずは現状を把握して
なりたいイメージをもって
計画を立てることから。

現状の確認だけでも意識が高まって
食べる内容が変わります。

あなたの身体はあなたの食べた物からできている

いい材料を入れてますか?

脳の80%が水分

脳の80%が水分

こんにちは。
管理栄養士の桑原裕子です。

「喉が乾いてからでは遅い!」
↑水分補給と運動の関係でよく出てくる言葉です。
アスリートは特に喉が乾く前にこまめに水分をとり
細胞レベルで潤っている状態をキープし続けることが必要です。

意識することは少ないですが
脳の8割が水分
脳の働きが鈍くなれば、身体を動かす指令も鈍ります。


水をたくさん飲んだ子供達は
集中力と記憶力の向上が見られた
という研究結果もあるくらいです。
寒くなってきて
水分補給を意識しないと忘れがちになります。

自分に合う飲み方で
こまめに身体を潤してくださいね。



有胞子性乳酸菌 ガネデン

有胞子性乳酸菌 ガネデン

カリテスオリジナルプロテインの
リカバリーサポートには
米国ガネデンバイオテック社製の有胞子性乳酸菌
『ガネデンBC30』が配合されています!
注目の乳酸菌を配合したこだわりのプロテインです!

ガネデンBC30は植物性プロテインの消化を補助することが確認されているため
プロテインを摂るとお腹をゆるくしてしまう
というジュニアアスリートからも
ご好評いただいています♪

アスリート、ジュニアアスリート
ダイエット中の女性
タンパク質摂取が低下ぎみな高齢の方など

摂取タイミングと量を調整することで
幅広いユーザー様からリピートいただいています。

いつ、どのくらい摂取すればいい?
自分にあった摂取方法を知りたい方は
ぜひお問い合わせください^_^

管理栄養士 桑原裕子

プロゴルファー

プロゴルファー

アスリートサポートでこちらを発送♪

我が家の卵焼き

我が家の卵焼き

我が家の甘い卵焼き

幼稚園のお弁当に入れてる卵焼きは
お腹の調子を整えてくれるように
沖縄で買ったサトウキビの食物繊維を入れて
オリゴ糖で甘くしてます♪
牛乳を入れて、フワッと仕上がる卵焼き

お弁当の色合いもよくなるので
定番です!!

食べることもトレーニング

食べることもトレーニング
 

月間NEXT
コンディショニングのための
呼吸と栄養

食べることもトレーニング
アスリートによくお伝えしているような
内容を掲載していただきました

簡単レシピも紹介しています!



http://www.fitnessclub.jp/next/e-book/next126/m/index.html#page=1

涼しくなって夏の疲れが出やすくなります
風邪などひかないように
しっかり食べて、しっかり休養してくださいね。

管理栄養士 桑原裕子

ページ上部へ